【顎関節症について】

~こんな症状ありませんか?~

 □歯科医院などで顎関節症と言われたことがある
 □肩こりや首こりが慢性的になっている

 □顎周辺が重たい感じがする
 □顎を開く時に左右の開きがスムーズにいかない
 □最近、堅い食べ物が食べられない

 □大きな口を開けることができない

 □普段から顎に力が入ってることが多い

【顎関節症とは】

顎関節症とは、口を開け閉めするときに顎関節の音がする、口が開けにくい、あごが痛いなどの症状がみられるます。また、これらの症状のほかに頭痛、肩こり、めまい、目の疲れなどの多様な副症状がみられることもあります。

【顎関節症の原因】

顎関節症とは顎関節になんらかの症状が現れてる状態の総称で、主に以下の4つの状態が含まれます。

  • 咀嚼筋障害:あごを動かす筋肉に痛みが生じた状態
  • 関節痛障害:顎関節に痛みが生じた状態
  • 顎関節円板障害:顎関節の中の関節円板に炎症がある状態
  • 変形生顎関節症:顎関節を構成する骨が変形した状態
  • 歯のかみ合わせ異常、ストレスや精神的緊張状態による顎関節への負担、歯ぎしり、食いしばり、
  • 頬杖やうつ伏せ寝等、生活習慣の負担が症状に現れることがあります。

上記の原因がいつだけでなく複数の原因が絡み合っていると考えられています。まだよく分かっていない部分もあります。

【顎関節症の症状】

顎関節症には以下の3つの症状があります。

  • ・あごの痛み
  • ・口が開かない
  • ・あごを動かした時の音

症状は主に食べ物を噛むときや口を動かす時などによく見られます。また、あごが外れてしまうこともあります。

どの症状が現れるかは人によって異なり、これらのうち1つでも症状がみられる場合に顎関節症が疑われます。

頭痛、首・肩・背中などの全身の痛み、めまい、耳鳴り、目の疲れ、飲み込みにくさなど、全身のさまざまな症状を引き起こすこともあります。

【顎関節の治療ポイント】

当院では、顎関節周辺の筋肉へのアプローチを専門に治療しています。

主に咀嚼筋障害や関節痛障害などの治療の対象になります。

 

顎関節周辺の筋肉は、

・咬筋

・側頭筋

・外側翼突筋

・内側翼突筋

4つの筋肉があります。

この4つの筋肉を丁寧に触診して治療ポイントを決めていきます。


産前産後骨盤調整/腰痛治療

<産後の腰痛で悩んでいる方>

□常に腰の痛み(鈍痛)や違和感がある

□立ち上がる時に腰周辺に痛みを感じる

□朝、起きるときに腰が痛む

□腰や臀部などを叩きたくなる

□骨盤底筋の緩みがきになる

 

産後の腰の痛みのパターンは大きく分けて4つあります。

 

・屈曲型腰痛(腰を曲げる時に痛みがでる)

・伸展型腰痛(腰を後ろに反らす時に痛みがでる)

・屈曲型・伸展型腰痛(腰を曲げても反っても痛みがでる)

・仙腸関節性腰痛

 

このように産後腰痛といっても細かく分けることができます。

治療方法もどの動作で痛みがでるかを問診や整形外科テスト等で

判断しその症状にあった適切な治療法を選択します。

 

また、腰痛でも注意しないといけないのは

腰痛ヘルニア、腰痛分離症、脊柱管狭窄症、内臓からくる痛みなどです。

当院では問診の際に整形外科テストを行いレントゲンやMRIなどの

精密検査が必要な場合は紹介させていただきます。

 


不妊鍼(自律神経調整鍼)