バスケットボール選手へ

{バスケットボール}

バスケ選手で多い障害はジャンパー膝です。
ジャンプ、ダッシュ&ストップなど膝へかかる負担は多いです。
なので、膝へストレスがかかりジャンパー膝などの障害が出現します。
ジャンパー膝治療のポイントは
①大腿前面の柔軟性チェック
②大腿後面の柔軟性チェック
③足首の柔軟性チェック
 
この3つの柔軟性で一つでも固い部分があれば改善していく
必要があります。
また、改善していかなければ症状が改善しなかったり
再発を繰り返してしまいます。
岡崎市どうど鍼灸整骨院スポーツバスケットボール
バスケットボール


足関節捻挫

 ジャンプの着地や相手との接触などで、足首に外力が加わり

関節の動きが正常範囲を超えることで起こる軟部組織の損傷。

足首の捻挫はスポーツ現場では非常に多く見られる。

 関節部の痛み・腫脹・不安定感がみられる。


ジャンパー膝

繰り返しのジャンプ動作になどによって膝前面に負担

かかり過ぎて膝蓋骨の下方や上方に痛みが生じる。

 軽度の場合は、スポーツ活動後など日常生活に支障は

ないが痛みが強くなると痛みが常に出てくる。

 予防法は、大腿前面・後面の柔軟性獲得、セルフマッサージ

などで大腿部の負担を軽減する。